ペット犬のしつけ方

わが子同然の犬も、やはりわが子同様しつけが重要です。室内犬の急増によって、大半の犬は人と同じ生活空間で居住することになっています。そのため、犬に対するしつけもしっかりとつける必要があります。このしつけがしっかりとできていないと、飼い主のいうことを聞かない犬となってしまいます。その結果、生活に悪影響を及ぼすことや、健康維持のためのトレーニングを行うことが難しくなります。犬のしつけでもっとも大切なことは、飼い主との主従関係です。飼い主は主で犬はそれに従う、という関係性を築く必要があります。
これはペットとしての関係だけでなく、犬そのものに対する健康管理でもあります。犬は主となると、従う、この場合、人を守ろうとするようになります。その結果、犬には多大な負担がかかってしまうからです。しつけトレーニングを行う前に、まず現在の社会環境に順応させる必要があります。生活騒音に慣れさせる必要があり、これは子犬のときに行っておきましょう。そしてしつけのトレーニングとしてもっとも重要なのが、叱るのではなく、ほめてしつけるということです。良い行動をした場合にはしっかりとほめてあげましょう。もちろん、しかることも大切ですが、主従関係によって犬は叱られるとストレスを他の箇所に向けてしまいます。その結果トレーニングがうまくいかなくなります。
もし、行動に問題があった場合は、無視をすることが一番です。これも、飼い主との主従関係において、犬にとって最も効果的であるからです。そしてしつけのトレーニングで、必ず取り組んでおく必要のあるトイレについて学びましょう。普段はトイレで排泄をすることができていても、たまにできないことがあります。このような場合は、叱ってもトイレのことで叱られているとは判断できません。
無意味でストレスを与えてしまうため、飼い主として叱るという行動を慎みましょう。トイレのトレーニングは、長期的に捉えて行う必要があります。犬が排泄したそうな行動をとった際に、すぐにトイレへ誘導してあげるようにしつけしましょう。このように、しつけのトレーニングでは過度に叱るという方法は効果的ではありません。ですが、甘噛みに対しては効果的です。甘噛みは癖になるものですから、甘噛みをする度に叱るようにしましょう。また、叱らなくても犬の咥内へ手を入れて、嫌がる行動をしてあげると効果的です。他のトレーニングとは異なり、甘噛みイコール叱られる、というふうに判断することができるようになります。

正月のおせち料理 に使われる食材について使われるいわれや意味を解説します。