愛犬のペット墓

家族の一員であった愛犬が死んだ場合、人間と同様に葬儀を行うという家庭も多くなりました。葬儀は葬儀会社や代行業者が受付を行っています。僧侶による読経や、火葬、納骨といったように、人間の葬儀と同じように行われます。ですが、ペットの場合は土葬しても問題ありません。例えば自身の敷地内に土葬してもよいでしょう。ただし、野生動物が掘り起こす可能性がありますから、土葬には細心の注意を払う必要があります。土葬は、火葬してからの方がよいと言えます。また、昨今では「ペット霊園」というものがあり、非常に人気が高まっています。
ペット霊園では納骨だけでなく、四十九日忌や一周忌なども行ってくれます。家族の一員だったペットに対して、お参りすることはもはや一般的と言うことができると思います。ペットの墓を扱う霊園は、やはり交通の便がよいところがベストと言えます。納骨をした後、その後、定期的に墓参りをしないような場所は避けましょう。また現在のペット霊園は、最寄り駅からの送迎バスが設けられていますから、こういったサービスが充実している霊園がよいでしょう。ただし、すべての霊園がペットの埋葬に適しているというわけではありません。どのような業界でも悪質な業者というものが紛れ込んでいます。例えば、ホームページなどの広告では、火葬の費用が1万円程度と明記されていることがあります。ですが実際に依頼すると、その数倍、場合によっては数十倍の費用を請求されたケースもあります。
火葬を始めた段階で、追加請求することが多いようです。追加請求を承諾しないと、生焼けで返すといった悪質な言動がみられるようです。契約書類の確認は詳細な箇所まで詰めておくことが大切といえます。契約を交わす前に、まずは見積もりをとりましょう。そして葬儀の費用を明確にしてから、契約を締結させることを心がけるようにしましょう。このようなトラブルは、国民生活センターに多く届けられている状態です。年間数百件も被害届けがあり、トラブルは決して他人事ではありません。
また、納骨用のつぼや位牌なども、高価なものを購入させられるケースも多いようです。さらに社会問題と発展したペットの遺骨の不法投棄を行う悪徳業者も多々あります。大切なペットだからこそ、最期、その後も大事にしたいものです。このような新しい業界では、さまざまなトラブルというものが発生しやすいです。ですが飼い主はペットを亡くしたことから、直後は冷静な判断が難しいです。事前にしっかりと調べておきましょう。

正月の準備・ことはじめについて解説します。